Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
v(・∀・*)乖離率と逆張りの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

v(・∀・*)乖離率と逆張りの話


(・.・;)題名:乖離率と逆張りの話

乖離率見て逆張りが一番効率良いです。

順張りしてもまず利が伸びることのほうが圧倒的に少ないです。

順張り推奨する人が多いが、その考えが多いって時点で順張りでは勝てないです。

後からチャート振り返って、強いトレンドに乗れば勝てることくらい解ります。

ただ、トレンドが強い、利が伸びるってのは後から解ること、それで順張り、順張り言うのは可笑しいです。

相場はどの足見ても、レンジで上下してる時間のほうが圧倒的に多いから、順張りすると底S、天井L掴むことのほうが圧倒的に多くなります。

それを解って、どのタイミングで順張りで入るのか、利が伸びるのか誰も解らないです。

逆張りは、ほとんどレンジで推移するからきちっとストップ入れとけば、高確率で底、天井取れます。

逆張りでストップ入れずにホールドするから駄目なだけで、押し目だって、戻りだってなんだって逆張りのポイントで入らないと勝てない。

1分、5分、15分、1時間、4時間、日足、週足と、全て順張りのタイミングで入ると、100%の確率でポジション持った時点で逆に行きます。

全ての足で強気の場合は、天井圏、底圏を示してるからなにも考えずに動いてる方向でポジション掴むと、底S、天井L掴んでストップ入れずにホールドして終わりです。

(^0_0^)参考文献

金融学習レポート.乖離率と逆張り


スポンサード・リンク