Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(_-"-)小額投資非課税制度とNISAの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(_-“-)小額投資非課税制度とNISAの話


(^0_0^)題名:小額投資非課税制度とNISAの話

2014年から導入される小額投資非課税制度です。

NISAとは2014年1月から新たに導入される“小額投資非課税制度”のことです。

従来、株や投資信託などで得た配当金は、所得税などの課税対象になりましたが、NISAの場合は、年間100万円を上限で、新たに購入した分に対して、その配当や譲渡益を最長で5年間、非課税にするというものです。

NISAという名称は、1999年にイギリスで導入されたISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)にN(日本)を付けたものです。

イギリスでは国民の4割がISAを利用し、資産形成や貯蓄の手段として広く定着しているようです。

なぜ今、NISAが導入されるのかです。

教育資金、住宅購入、老後の暮らしなど、将来を見据えた資産づくりを考えている人も多いかと思いますが、低金利が続くため、預貯金だけでは十分とは言いにくい時代になります。

さらに預貯金や保険といった金融資産をまったく保有してない世帯が日本で年々急増している状況です。

NISAの導入をきっかけに、より多くの人に将来のための資産形成に取り組んでもらうことを期待しています。

また、日本は金融資産のうち、預貯金の占める割合が5割以上と、他国に比べ突出して高くなっています。

そこで“貯蓄から投資へ”の流れが促進されることで、企業への資金供給が拡大し、経済がせいちょうすることで、家計も潤い、さらに投資へという好循環を生み出します。

この制度は「投資可能期間は2014年から2023年の10年間」「一人につき一口座」などの制限があり、銀行や証券会社などの金融機関で専用口座の開設が必要です。

(^_-)参考文献

金融学習レポート.小額投資非課税制度とNISA


スポンサード・リンク