Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*ヘ*;)相場とブレイクアウトの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*ヘ*;)相場とブレイクアウトの話


d=(^o^)=b題名:相場とブレイクアウトの話

トレンドとレンジ相場を判断してブレイクアウトを狙う手法です。

使うインジケーターはKC.mp4・EMA50・RCI(9.26.52)です。

KCのパラは期間50固定のATR10・20・30・40・50をそれぞれ設定します。

KC50の間で推移しているのなら基本レンジなので見送るか少ないロットで逆張りします。

KCを上下どちらかにブレイクしたなら基本トレンド発生なので順張りします。

ブレイクアウトしてEMA50まで戻ってきてるなら押し目か戻り目かと判断します。

長期時間足のローソク足がKCのどこにいるのか見ます。

今は戻り目なのか押し目なのかはRCI(9.26.52)見て判断するとなおよいです。

エントリーはダウ理論で直近の高値安値に逆指値入れるのが一番良いです。

THVTrixやNinaを使って細かいエントリーや利確場所を見るのもありです。

あとはジグサグ(12・5.3と26.5.3)ハイローバンド(期間21と130や20と200)との相性も良いです。

ハイローバンドの短期・長期のミドルバンドを一目の雲に見立てて使うのもありです。

デイトレードで損切りを徹底したエントリーは順張りエグジットは逆張りの丁寧なトレードを心がければ勝率6割一日平均30~50pipsは取れます。

設定する時間足はどの時間足でも大丈夫です。

スキャルピングよりデイトレード・スイングトレード向けの手法なので15分足でエントリーポイント探って4h足や1h足で方向確認に使っていました。

通貨はどの通貨ペアでも大丈夫です。

ユロドルやドルスイスフランなんて比較的やりやすいのではないでしょうか。

ドル・ユーロ・円を見て今の強弱関係はどれが強くてどれが弱いのか、なんて見てからトレードしてもいいと思います。

CCoPという通貨強弱関係を見るインジケーターがあったと思うので、そちらもお勧めしたいです。

MAとボリンジャーバンドあわせて使ってももちろん大丈夫です。

順張りの手法なのでどのインジケーター使っても基本同じようなエントリーになります。

(o⌒∇⌒o)参考文献

金融学習レポート.相場とブレイクアウト


スポンサード・リンク