Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(メ ̄ー ̄)ボリンジャーバンド3σの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(メ ̄ー ̄)ボリンジャーバンド3σの話


(;゜∀゜)題名:ボリンジャーバンド3σの話

ボリンジャーバンド3σにタッチしたら反転狙います。

手を出してはいけない相場の時には絶対にポジションとらないことです。

確実に5割以上の確率で勝てる自信のある時以外は絶対にポジションとらないことです。

トレンド発生中に無理なカウンターは狙わないです。

FXにおいて最も無意味なもの、それは逆行中の天に祈る時間です。

結局、敗因は損切りです。

逃げ遅れです。

手法とか覚えてもここを改善しないとダメです。

心理的抵抗になる21MAはSMAとEMA両方同時表示がよいです。

一方抜けてももう一方が抵抗になったりします。

真ん中を狙うな、絶対負けます。

週足で売買方針を決め、日足でタイミングを計り4時間足で撤退することです。

自分の予想通りにならなかったら取り敢えず切っといたほうがよいです。

理由がない勝ちはあるが、負けには必ず理由があります。

学習しましょう。

不利なポジションは出来る限り早く解消する必要があります。

両建てでも含み損なら駄目です。

含み益の目減りを防ぐためなら、場合によっては良いかもしれません。

動き出すまで待ちましょう。

自分の得意なパターンになるまで待ちましょう。

メインのトレンドラインは1時間足・4時間足で引きましょう。

5分足は使いません。

トレンドがはっきりと反転したのを確認しましょう。

それからボジション建てましょう。

絶好の買い場と思っても、そこから一度ヌルリと落ちるまで買いません。

FXはハイレバが可能であるため、利益率はかなり高いです。

焦って儲けようとする必要はなく、焦点を絞っていけば加速度的に増えるので、安心するべきです。

自分のモチベーションの維持方法を考えましょう。(自分へのご褒美など)

負けた理由は思いつく限りノートに書き出し、そしてそれを二度とやりません。

「上がる・下がる要素」など存在しない、ファンダメンタルや指標の数字を過信するとHFに負けます。

相場の動きだけが相場です。

自分の経済の知識を捨てましょう。

儲けているトレーダーは予想した動きが実際に始まってから仕掛けます。

AUD/USDの取引は、金相場と関連性があるから、ある意味主要通貨的な強みがあります。

実は、流通量が多いEUR/USDとの相関率が高いです。

結論からいうと、上昇、下降に関わらず、ユロドルの後追っかけ値動きが確認されるので、このふたつのチャートを見比べての短期売買は成功確立が高いです。

特に、トレンド中は狙いやすいです。

ただし、日本時間の朝方は、豪ドルの値動きが先となる場合もあります。

豪ドルは、常に通貨の安定を第一にしているそうなので、ペッグ制に近いかもしれません。

今後のドルは、変動相場の成り行きまかせにさせておくと本当に「暴落」しかねないから、固定相場制に誘導していく力が加わるかもしれません。

成り行き任せとは、つまり世界中に増えすぎた個人投資家のことでしょう。(東京市場の流れを観測)

(“⌒∇⌒”)参考文献

金融学習レポート.ボリンジャーバンド3σ


スポンサード・リンク