Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(〃^ー^〃)ボラティリティとエントリーの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(〃^ー^〃)ボラティリティとエントリーの話


「ねこ」の画像検索結果

(´д`|||)題名:ボラティリティとエントリーの話

ボラティリティが一番大きい時間帯だけ参戦して、動いたほうにエントリーする。

欲張らずに利益確定します。

エントリーはその1回だけで一日1回しかエントリーしないです。

これが最重要の原則です。

ドル円なんて毎日22時頃に大きく動き出すんだから動いたほうにポジション持って20〜30pipsで必ず利益確定します。

これは欲張らずに徹底します。

ストップも20pipsを目安です。

ドル円100枚取引で、これを一ヶ月続けて25営業日と過程して22時以降に動いたほうにエントリーこれさえ徹底すれば勝率は7割キープ出来るでしょう。

100枚取引で、上の条件の勝率で機械的に取引すれば月平均200万は稼げます。

しかし、勝手にその日の流れを自分で予測して動いたほうにポジションを持つことを徹底しなかったり、利益確定を欲張ったり損切りを耐えたりするから勝てないです。

上に挙げた条件を厳守して機械的に取引さえすれば、月200万儲けれます。

200枚取引ならその倍の400万、資産があればあるぼど儲けられます。

重要なことは、仮にその日負けたとしても翌日の23時まで我慢出来るかがキーポイントなわけです。

8割、9割の人間は、早く取り戻したくて我慢出来ずに余計なとこでエントリーして更に損失を広げます。

高ボラティリティの時間帯を狙って、勝っても負けても一日1回のエントリーを厳守します。

この精神力を保つのが一番難しいです。

テクニカルとかそんなことは一切必要ないです。

なぜなら、高ボラティリティの時間帯は、7割、8割の確率でその動いたほうに値が動くわけです。

取引量が多い高ボラの時間帯では、騙しの動きがその取引量の多さで消されるわけです。

だから動いたほうの値動きに乗れば、欲張る精神を消すことが出来れば、高確率で20〜30pipsを獲ることが出来ます。

為替なんてどの通貨ペアも共通して言えるのは22時〜2時のこの4時間の間だけやれば十分です。

私はこの4時間しかやらないです。

この4時間に絞って枚数多くしてやれば良いです。

30pips以上上下に動く波が高確率で存在する時間帯にエントリーしてその値動きの波に乗れば、勝てる確率は大きく上がります。

その勝てる波に乗れる時間帯ってのが、ボラティリティが一番高い時間帯のわけです。

それ以外の時間帯にエントリーするとノイズの範囲の波を掴まされて、20、30pipsの範囲を高確率で捉えるのが困難になります。

より上下に大きく動く時間帯だけを狙ってエントリーすれば、必然的に勝率は上がります。

「ねこ」の画像検索結果

(@ ̄□ ̄@;)!!参考文献

金融学習レポート.ボラティリティとエントリー


スポンサード・リンク