Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*´∇`*)ランダム・ウォークの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*´∇`*)ランダム・ウォークの話


「ねこ」の画像検索結果

(///∇///)題名:ランダム・ウォークの話

現実の相場はどの程度ランダム・ウォークに近いのでしょうか。

価格変動は正規分布に近い。

マーケットの大半はランダム・ウォークである。

コインの表が出続けた場合に、次に裏がでる確率を1/2を超えて過大評価してしまいます。

ギャンブラーの誤謬=ナンピン理論です。

ギャンブラーの誤謬により、耐えられなくなったギャンブラーのポジション清算によりトレンドは加速します。

自然人間は同額の利益から得る満足よりも、損失から受ける苦痛の方が大きいです。

損失が発生すると大胆になりリスクを大きくとるようになります。

少しずつ勝ち、いつか大きく負けます。

自己関与の幻想です。

何らかの意思決定に関して、自分が関与することで、よりよい結果が導かれるという幻想です。

あまり役に立たない結論を導くために、多大なコストを掛けたりすることになります。

自己責任バイアスです。

成功については、それがたまたまであっても、人間は自分の努力や才能で実現したものだと思う傾向があり、失敗についてはたまたま運が悪かった、著名な人も失敗していると思う傾向にあります。

ファンダメンタル分析の罠です。

いかなる指標も必ず現実の動向より遅れています。

その指標をもとに、過去の延長上でとらえがち(予測の線形性)な自然人間が行う予測は、より事実を過去の延長上にとらえる傾向が強まります。

コンセンサスの誤謬です。

コンセンサスとは多数派の意見です。

すでに形成されたコンセンサスは価格にある程度反映されており、これに従うと少しずつしか勝てないが、大きく負けてしまいます。

コンセンサスには投資に伴う精神的負担を和らげる効果があり、自然人間はコンセンサスの誤謬に陥りやすいです。

勉強熱心な自然人間ほどコンセンサスに接近する確率が高まり、その傾向が強まります。

テクニカル分析の罠です。

チャートパターンやトレンドは、ランダム・ウォークでも現れるが、その妥当性の評価に自然人間は主観を交えます。

損切りできないです。

認知的不協和から自己正当化へです。

あるポジションを持っているという認識と、そのポジションが損失を拡大しているという認識は、相互に矛盾するが、この認識の矛盾は苦痛を伴います。

認知的不協和です。

そして、無意識のうちにこの矛盾を解消しようとするが、ポジション解消による矛盾解消には苦痛を伴うため、新たなリスクをとり「損失が拡大し続けている」という認識を崩そうと試みがちであります。

このことが損切りを遅らせ、さらに損失を拡大させます。

出発点として、「マーケットは間違えるものである」という考え方に立ち、保守性という自然人間が持つバイアスに委ねるよりは、「マーケットは最良のエコノミストである」というところから出発すべきです。

そして、そのエコノミストが犯しそうなミスを見つけることに全力を挙げ、そのミスが起きた時を狙う方が効率的です。

マーケットで大きな動きがあるたびに、シナリオの点検と修正をします。

その動きを調べるにはテクニカル分析が最良であり、ファンダメンタル分析と合わせて、判断基準ではなく、シナリオ作成の材料とすべきである。

「ねこ」の画像検索結果

o(*⌒―⌒*)o参考文献

金融学習レポート.ランダム・ウォーク


スポンサード・リンク