Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(^〇^)コツコツドカンと損少利大の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(^〇^)コツコツドカンと損少利大の話


「cat」の画像検索結果

( ☆∀☆)題名:コツコツドカンと損少利大の話

1日何%という目標(縛り)をやめて、月単位で考えます(目標250pips/月)。

スプレッド負担を減らすためにスキャルピングを辞め、デイトレード〜スイングトレードを主体に行う。

15分足未満は見ないです。

多通貨(といってもドルストとクロス円でユーロ、ポンド、オジドルの6ペア)を監視し、チャンスを幅広く探します。

ニュースを頼りに理屈で考えるのを辞め、「今」はリスクオンなのかオフなのか、あるいは中立なのかの3択で考えます。

リスクオン→ドル売り、オフ→ドル買い、中立→基本、様子見とする。

常にPF2以上のトレードを狙います(それ以下の条件ではエントリーしない、損少利大の他に勝つ方法は無い)。

ポジションを持つのはせいぜい1日1〜2回です(数日ノーポジも当たり前)。

ポジポジ病を起こさないように、チャートに張り付かないです(待ち時間はネットやゲーム)。

自分の意思で、手動で損切りできるとなどと言う考えを捨てます(ストップは「必ず」入れる)。

ストップにかかった後で反転しても、気にしないです。

相場はアゲサゲの繰り返し、いつかは元に戻って来ます。

建値に戻ってくる前に、一時的にはストップ位置よりもっと逆行している事が殆どです。

仮にストップを入れてなかったら、その「もっと逆行した所」で損切りする羽目になるのがオチです。

所詮は丁半博打です。

コツコツドカンさえやらなければ長期的にスプレッド以上に負ける訳が無いことを理解します。

コツコツドカンは人間の性です。

常にそれを覆すように損少利大を意識します。

何となく持ち越したくない、という理由で利確をしないです(殆どの場合、含み益に絶えられないだけの言い訳)。

負けた時、「給料何日分だ…」などと思わないです。

相場のカネとリーマン給与を比較しても無益です。

勝った時も、「1日で月給稼いだ」などど調子にのらないです。

エントリーしてる時にスリルやワクワクを感じたら要注意です。

危険なトレードをしている可能性が高いです。

ポジションに感情を持たない、チャンスはすぐにやって来ます。

週足・月足単位のガラやリバを狙うようなホームラン狙いはしないです。

同値撤退はファールと考えます。

ファールはいくら打ってもアウトにはならない、三振よりはマシです。

「cat」の画像検索結果

( ・∇・)参考文献

金融学習レポート.コツコツドカンと損少利大


スポンサード・リンク