Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*´ー`*)トレンドラインとブレイクの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*´ー`*)トレンドラインとブレイクの話


「猫」の画像検索結果

(^∇^)題名:トレンドラインとブレイクの話

誰がみても明確なトレンドライン(サポート、レジスタンス)日足ベースです。

トレンドラインをブレイクしてどんどん手に負えない位伸びていくのは、FOMCレベルの重要イベントやせいぜい雇用統計、あと、為替に関する意固地なまでのスタンス(スイス、日本)に対するトライ です。

但し、アメリカ休日の場合の欧州タイムなんかに、「ここでこのラインを超えるか」 というケースあり、その場合、結局ブレイクしたところまで戻す事あるが、しばらくストレスになりかねないです。

単なる50pips程度騙し後、急落とは違うジリジリ感です。

ラインブレイク、ほとんどが騙しになります。

通貨ペアによっては、騙しのブレイク、又は、タッチだけして跳ね返りやすい時間帯あり(重要イベントが無い日の、NY株式市場が始まる前の当然のポンドドル動き等、特にその突然の動きによって平均値幅程度を達成するような時、金曜に多いです。

ポンドドルの場合、どうせ騙しに終わるのだろうが、トレンドラインブレイクのチャンスで、かつ、当日の値幅の想定内に、日足ベースの高安が2〜3ある場合です。

これは、ストップ狩りに行く可能性ありです。

重要イベントや明確な要人発言スケジュールがある場合、2〜3時間で70〜100pipsゲットできる時あります。

これは「待つメンタル」的にも非常に楽なケースです。

当日のレンジ幅との関係、時間帯、多少の行き過ぎた騙しに対応できるストップ幅、これで犬死では無い負け方はできるようになります。

トータルで勝つためには、おそらく二つの我慢と一つの勘というか 感性が必要です。

二つの我慢のうち、一つは「強制的な我慢」というか規制により勝つことができた、というのが一般人レベルでは多いです。

「猫」の画像検索結果

(〃^ー^〃)参考文献

金融学習レポート.トレンドラインとブレイク


スポンサード・リンク