Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(ノ_<。)レンジとオーダーの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(ノ_<。)レンジとオーダーの話


「猫」の画像検索結果

(^◇^)題名:レンジとオーダーの話

ときに動きを止めたかに思える相場も、また、一方向にしか進んでいないように思える相場も、実は常に上下動を繰り返しています。

長い期間でとってみても、一日のなかの動きをとってみても、価格は絶えず上げ下げしているのです。

すなわち、相場の値動きは直線的にとらえられるものではなく、波動曲線を描くものとしてイメージされねばなりません。

あえて強調するならば、為替や金利の相場ではその値動きの10回のうち8〜9回までは、一定のレンジ内の動き(ボックス圏)に収まります。

これはポジションが膨らむと萎み、萎むと膨らむという性質の故です。

膨らみ続けるポジションもなければ、だれもポジションを取らない相場は、もはや相場とは呼べないでしょう。

これは日計り等、ポジションの保有期間の短い人が市場を大勢を占めていることを意味しています。

また、一定期間ポジションが膨らんだ後は、RSI系のテクニカル指標などがこれに「売られ過ぎ、買われ過ぎ」のシグナルを出すために、ますますポジションがスクウェアになる傾向を助長します。

加えて支持線の手前では買いオーダーが予想され、抵抗線の手前には売りオーダーが並ぶのです。

とくに、外為市場ではオーダーの量が大きいために、レンジ内にいる間はきわめて安定した値動きである感を与えます。

そして抜けるときは、意外なほど大きく抜けるのです。

ここでもレンジの外にあるオーダー、損切りや新規ポジションのためのストップオーダーや、売り買いの指示を出すテクニカル指標などがその動きを助長します。

「猫」の画像検索結果

(/ー ̄;)参考文献

金融学習レポート.レンジとオーダー


スポンサード・リンク