Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
d(^-^)機関投資家と順張りの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

d(^-^)機関投資家と順張りの話


「ネコ」の画像検索結果

(o⌒∇⌒o)題名:機関投資家と順張りの話

移動平均線と乖離率、サイコロジカルライン、順位相関、ストキャスティックス、これらを組み合わせ、更に機関投資家の投機手法を研究した結果、本当に勝てるようになりました。

機関投資家は、基本的に逆張りをやらないです。

一見逆張り風だけど、実際には逆張りに限りなく近い順張りしかやっていないです。

移動平均線の収束と乖離を基本にして、市場の方向性を分析、既に攻められつつあり、これから強く攻められるであろう方向へ最初に乗っかかります。

それだけです。

私も市場の流れを分析し最初に乗る、という方法によって大きな勝ちと小さな負けというトータルの勝利を掴むことができるようになりました。

これからこっちの方向に動きますよ〜というサインは確実にあります。

機関投資家達がそのサインに乗って金動かし始めたな〜と思ったら、自分もそっちの方向に張ります。

これでコツコツドカンのドカンを最小限に収めることに成功し、勝率までアップしました。

市場はまったく動いていないように見える瞬間にこそ、実は重要なシグナルを発しているということです。

このシグナルに気づけるようになれば、間違いなく勝率は上がります。

その代わりティックのスキャルピングでこれやろうと思ったらとんでもない精神力と集中力と体力を必要とします。

「ネコ」の画像検索結果

Σ( ̄ロ ̄lll)参考文献

金融学習レポート.機関投資家と順張り


スポンサード・リンク