Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(・∀・)損小利大とメンタルの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(・∀・)損小利大とメンタルの話


(*´ω`*)題名:損小利大とメンタルの話

損小利大の「呪縛」から逃れることで右肩上がりになりました。

もちろん損切りしないのは論外、いよいよダメなら切ります。

だけど、利食い幅に対して意外と深くまで粘っても、反転を待ってもいいということに気づきました。

そしてそれでもプラスに持っていける取引スタイルはあります。

2回の勝ちで取り戻せる幅の損切りなら御の字、何より負けに終わっても、また勝てるさ、という気持ちのまま次の仕掛けに備えられるようになったのは大きいです。

最初に曲がってアホールドという典型的な退場をして、次もなかなか勝てず、ホントにいろんな取引スタイルを彷徨ったです。

スワップ派やら自動売買やら、ティックスキャルピングから長期スイングトレード、もちろん損小利大を是とする手法も齧った(代表的なのはブレイクアウト&長期トレンドフォロー辺りか)。

だけど勝率が良くて4割、来る日も来る日も損切り損切りで次の仕掛けがプラスで終えられる保証がない中、淡々とルールを守れなければ勝てない、という状況は正直自分にはムリでした。

無茶トレードに走ったり、サインが出てもビビってスルーしたり、散々なことをやって、結局また退場してしまいます。

退場後、デモトレードで徹底検証して、巷で言われる損小利大・トレンドフォローよりも自分は小さめの勝ちをコツコツ重ねていった方が自信が深まり、それによって的確な損切りもできるようになり、結果、資金を殖やせるようになるんだとわかりました。

要は、自分のメンタルをホントのホントに底の底まで掘り下げろということです。

心底自分のメンタルと合ってる手法でないといずれ必ず無理が来ます。

そして巷で言われてるような損小利大【だけ】が相場で勝つ道だ、負けても負けてもルールに従います。

鋼の意志だけが勝ちを呼ぶ、それが身に付かない奴は肥やしだ、・・・云々とは思わないです。

「パン屋」のパンを食ってばっかりで、もはやマインドコントロールみたいなレベルで信じ込んでいる連中が多いことに驚きます。

コツコツ勝って喜んだっていいじゃないか。

にんげんだもの。

そしてそういう「にんげん」にも道はある、と言いたいです。

(゚∀゚)参考文献

金融学習レポート.損小利大とメンタル


スポンサード・リンク