Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(・_・)相場と格言の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(・_・)相場と格言の話


「猫」の画像検索結果

d=(^o^)=b題名:相場と格言の話

ロス・カットは柔道でいう「受け身」です。

損切りが出来て始めて市場に参加出来きます。

コストにこだわらないです。

自分が最初に作ったポジションのコストにこだわると、損切りが遅れます。

利食いは「腹5分め」です。

生身の人間は皆、過度に結果を期待するものです。

相場は“煩悩”との戦いです。

相場は繰り返します。

同じような相場の動きはよくあるものです。

過去のパターンを思い出します。

市場のクセをつかみます。

それぞれの時期には特徴的な動きをよくするものです。

熱くならないです。

相場に情熱は必要だが、冷静さはさらに重要です。

ポジションのサイズは控えめにしましょう。

過去の大物相場師の多くは過大なポジション保有で大損しました。

自分の勝ちパターンをつくります。

相場で勝ち続けるには自分独自の売買方針を構築する必要あります。

見栄をはらないです。

所詮自分の力(資力)の範囲でしか相場には勝てないです。

逆境に耐えることよりも、順境に打ち克つことにエネルギーを使います。

アゲインストのポジションを抱えるよりフェイバーなポジションの管理に注力します。

大きく利食った後は休憩します。

大儲けした後は往々にして大損するものです。

勝ち馬に乗ります。

勝っているディーラーの相場観には謙虚に耳を傾けましょう。

相場にはロング、ショート以外に“スクエアーというポジション”もあります。

買ったり、売ったりするだけでなく、ポジションをゼロにする勇気をもちましょう。

何か不安になったら、一旦ポジションを減らすか、なくしましょう。

投資家は思いつめてはいけません。

ポジションなんていつでもとれます。

大半の情報は百害あって一利なしです。

どこでも手に入る情報は完全に市場に織り込まれているものです。

8割当てる相場師はめったにいないが、8割はずす相場師はごろごろいます。

大半のディーラーはせいぜい収支トントンです。

市場の大勢に流されない。

「猫」の画像検索結果

(*^.^*)参考文献

金融学習レポート.相場と格言の話


スポンサード・リンク