Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(ノ_・。)相場力学の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(ノ_・。)相場力学の話


( ̄▽ ̄)題名:相場力学の話

相場の本質は「相場材料」「相場要因」にあるのではなく、 相場の動きそのものにあると考えられます。

これは、「相場力学」と言っても良い かもしれません。

つまりは、「相場力学」に基づく相場の流れがまず先に存在し、 その流れを急な物にしたり緩やかなものにしたりするのが「相場要因」「相場材料」と 考えられます。

極論すると、相場は材料や要因によって動かされるのではなく、 相場が材料や要因を創っていくと考えられます。

例えば、相場が上昇の流れの中にある時は、大した買い材料ではないにもかかわ らず、大きな買い材料になったり、相場が下落の流れの中にある時は、大した売り 材料ではないにもかかわらず、大きな売り材料になったりするのはその一例です。

極端なことを言うと、突発的な相場材料も、あくまで、相場の流れが先にありきであ り、その流れの中の「一コマ」に過ぎないということです。

何かしら大いなる力が 働いて、相場を動かしており、「表面的に」その相場を動かしている「相場材料」も、 その大いなる力の下で生起している、もしくは無理に作られているとも考えられるわけです。

と言うわけで、相場の動きは、決して「でたらめ」ではなく、ある規則性に縛られて 推移していっていると判断しても過言ではないと思います。

その為、 「相場を極める」とは、この相場の根底に流れている「法則性」を見出すことではないかと思うのです。

(´∀`)参考文献

金融学習レポート.相場力学


スポンサード・リンク