Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(゚∀゚)フィルターとセットアップの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(゚∀゚)フィルターとセットアップの話


( *`ω´)題名:フィルターとセットアップの話

まず手数料がゼロで指値やストップがちゃんと通る所を選びます。

もちろんできるだけスプレッドが狭い所です。

まず、やらないフィルタです。

1.テレビで円高円安が一般ニュースになってる日、次の日はしないです。

2.日本および米国のなんか統計が発表の時はしないです。

3.「.00」とか切りのいい金額に近い時はしないです。

4 時間足、日足、15分足等で抵抗線、支持線てきとーに引いて見てその近くならしないです。

以下の説明は買いのみ売りは逆です。

 

つぎにセットアップです。

1.時間足の移動平均が上昇してる(できれば日足も)ことです。

2.1分足の移動平均も上昇してることです。

3.5分足で見て安値より次の安値が高い、高値より次の高値が高いという切りあがりが3本分出るのを待ちます。

4.3本出ても3本目の上髭が長いならしないです。

 

次に仕掛けです。

三本分でたら4本目で指値で今の5~7ピピくらい下に仕掛ける、前の5分足の安値のちょっと上くらいがベストです。

だから、足が余りにも短いor長い時は次のチャンスを待ちます。

注文が通ったら20ピピ下にストップ注文、10~15ピピ上に利益確定の注文を置きます。

7、8ピピ分利益が乗ったらストップ注文を損益ゼロに動かします。

10ピピ利益が乗ったら動き見てそこで全部手仕舞っても良いし、半分手仕舞いします。

15ピピまで行ったら、(動き見て利確の指値外して)もう全部手仕舞いのつもりで13、14ピピとかにストップを移動します。

(・∀・)参考文献

金融学習レポート.フィルタとセットアップ


スポンサード・リンク