Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
m(_ _)m経済指標とトレードの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

m(_ _)m経済指標とトレードの話


( ´ ▽ ` )題名:経済指標とトレードの話

欧州、米国、の重要な指標をチェックする。

大体、2日に一回はどこかの国に何かしらの重要指標があります。

指標発表の5秒前にすかさず上下15ピピに買いと売りのオーダーを指値で注文しておきます。

15ピピ上に買い注文、15ピピ下に売り注文といった具合です。

重要指標の前は値がふらふら大きくノイズをだすので出来るだけ発表時間ギリギリまで引き付ける必要があります。

でないと指標前に刺さってしまいます。

ここは速さと正確な注文入力が命です。

windousの時計も事前にしっかり修正しておくことです。

通貨は重要指標発表国とドルペアで取引します。

一瞬で大きく動いた場合指値が刺さされば必ず利益がのるのですかさず決済です。

経験上一瞬で大きく動いた時は超反転する騙しも多々あるので利益の乗っている内に俊足で決済することです。

この場合は操作さえ誤らなければ絶対に含み損になることはないので損切りの事は考えないです。

とにかく欲を欠かずに利益のある内に決済する事です。

サーバーの良い業者もちゃんと選ぶことです。

逆に、さほど動きが過激では無いが力強さを感じる様な動きで刺さった場合その方向に大きなトレンドを形成する可能性が高いので通貨によって30~50ピピ幅のトレールを仕掛けてチャートを閉じます。

ロスカットラインはトレール幅と同じに設定します。

どちらも、「何ピピ取るまでホールドする」ではなく、「結果何ピピ取れました」という手法で、この考えが最も大事な部分です。

少しでも欲をだせば直ぐに破産するので注意してください。

(^q^)参考文献

金融学習レポート.経済指標とトレード


スポンサード・リンク