Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(///ω///)♪ディナポリの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(///ω///)♪ディナポリの話


「猫」の画像検索結果

(^o^)題名:ディナポリの話

ディナポリ手法とは、ジョー・のフィボナッチ戦略です。

ジョー・ディナポリ氏を知っていますか。

相場の世界では、かなりの有名人です。

フィボナッチトレードの元祖がジョー・ディナポリです。

フィボナッチトレードとは、先行指標です。

移動平均線やストキャスティスと言った、有名な遅行指標ではなく、先を読む指標です。

フィボナッチ級数は黄金分割としてもマーケットでも、よく使われる比率です。

0.382、0.618の数字こそがフィボナッチの基本であり自然界にもこのフィボナッチの基本がある。

ピラミッドやパルテノンとかいった宮殿建設にもこのフィボナッチが利用されていると言われている。

ディナポリ手法というのは押しめ買いに出て、損切りラインと利確のラインを決めるものです。

勝率70%~80%が可能と言われているのです。

組み合わせるものはDMAとMACD・ストキャスティックスです。

3DMAとは、3期間の単純移動平均線を未来に3期間ずらした線7DMAとは、7期間の単純移動平均線を未来に5期間ずらした線25DMAとは、25期間の単純移動平均線を未来に5期間ずらした線です。

このことは覚えておかなければならないです。

先行指標とは、相場がそこにたどり着く前に、どこに支持線、抵抗線が現れます。

可能性があるのかを示すものである。

それには、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパッション、フィボナッチプロダクション、この意味を理解しなければならない。

遅行指標とは、それが変化を示すためには、相場のアクションを必要とする指標である。

DMA、移動平均線、ストキャスティックス、トレンドラインなどがある。

トレードに活用できるチャートは、5分足・30分足・60分足・日足・週足・月足を使用します。

「猫」の画像検索結果

(^0_0^)参考文献

金融学習レポート.ディナポリ


スポンサード・リンク