Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(●´▽`●)トレンドフォローと逆張りの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(●´▽`●)トレンドフォローと逆張りの話


( ̄▽ ̄)題名:トレンドフォローと逆張りの話

裁量取引で利益を出す定石は「トレンドフォローと逆張り」です。

矛盾しているようですがそんなことはありません。

言い換えると「押し目買い戻り売り」です。

取引の唯一最大の敵はスプレッドです。

スプレッドがなければ適当にエントリーしてもいつか損益0に収束します。

FXの基礎基本第一地点、まず損益を0以上に持っていく。

これは予測精度を如何にスプレッド以上の持っていくかに尽きます。

トレンドが出る直前にポジションを取る、そんなことは材料を世界の誰よりも早くゲットできる限られた人にしか出来ません。

正直言って、普通にたくさんの人に配信されているネットニュースなんかじゃ無理だと思います。

情報の第一線でないトレーダーに出来ることは出てきたトレンドに追随することです。

そして出来ることなら「安い所で買って高いところで売る」ことです。

それがトレンドフォローの逆張りです

 

■ごく普通の説明

・2フェイズに分かれます。

1.大きな流れを見極める。

2.その流れに反している押し目戻りを見つける。

 

■その1。まず大きな変動の方向を見極めましょう。

・インジケータを使ってもいいですが個人的にはインジケータごとに限られたパターンにしか対応できないと思ってます。

・人間のパターン認識のほうが万能っぽいです。相場観?というやつです。ローソク足万能です。

・大きな変動に注目です。トレンドの基点となる場合が多いです。これは1本の足に限りません。連続した中程度の動きも長い足目線で見ると1本の足だったりします。

・想定した流れに沿ってトレードする。これが「トレンドフォロー」の部分です。

 

■その2。押し目戻りを見つけましょう。

・主なトレンドに逆らって「トレンドの範囲で」逆行する。その逆行に対する逆張りです。

・これまたインジケータより自分で認識したほうが早いです。

・大きな変動の後の小戻り。これは特にねらい目です。トレンドの基点としてわかりやすく、また大きな変動のあとは小戻りがほとんどの場合起きます。

・どの程度押すか。それとも反転になってしまうか。これは自分で身につけるしかありません。リズムです。個人的にはtickを見てるとリズムがわかりやすい気がします。

 

■その他
・ポジをとる前に自分が「これから相場はどう動くと思っているか」を自分自身に確認しましょう。

トレンドは多分(上or下)、今入るこのポイントは(押し目・戻り)」としっかり認識しましょう。

まだ出ていないトレンドを追いかけるとおかみまっしぐらです。

当たり前ですが、わからないなら入らないことです。様子見万能です。

・といって、発生したトレンドに飛び乗るのも感心しません。押し目戻りはほとんどどの場合でも出現します。気長に待ちましょう。

・SLはあらかじめ設定しましょう。トレンドが崩れるポイントに置くといいでしょう。

・TPは別につけてもつけなくてもいいです。ずっとポジを見ていられるならつけないほうがいいかもしれません。

・利小損大でも損小利大でも予測精度が十分であれば同じように儲かりますが、abs(TP)+abs(SL)が小さすぎると取引回数が多くなります。ということは?

・リズムがわかってくるとトレンドを捉えた後に細かい押し目戻りも取れるようになります。でも実入りは小さいので無理せずに。

・トレンド、押し目、戻りを見つけるためにインジを使ってもいいでしょう。でもその一個一個に絶対的な意味なんてありません。

・MAだから戻るはずだ!とかRSIだから反転する!とかそういうのは常に通用する根拠なんてありません。

・そういうのに固執しない柔軟さが自分に無いと思うなら最初から使わないほうがいいです。

・見る時間軸はポジを持ってる間は変えないようにしましょう。15Mのトレンドに乗ったのに逆行したら1Hを見出す、とかすると塩漬け貧乏一直線です。

・それでも「今の」自分を信じましょう。トレンドを転換したと思ったらすぐに切る、ドテンして「前の」自分の判断を馬鹿にするくらいの変わり身が必要です。

・でも市場オーダーは実際にかなり根拠ある動きをするような気がします。

・当たり前のことを言っているようですが、当たり前のことを認識して実行することが一番難しいというのも当たり前に言われることです。

(´Д` )参考文献

金融学習レポート.トレンドフォローと逆張り


スポンサード・リンク