Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(つд;*)海外FXの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(つд;*)海外FXの話


「猫」の画像検索結果

(゜ロ゜)題名:海外FXの話

個人的に海外FXが良いです。

●メリット

MT4使用可能、ドル建て利用の有名な海外EAも多く使用できます。

ゼロカットですが、そうでない業者もあるので注意です。

ハイレバレッジで最大1,000倍のところもあります。

コンスタントに利益出している兵は海外法人立ち上げで旨いです。

~署の管轄外です。

●デメリット

現時点で税法上海外FX事業者で上げた利益は申告分離課税でなく、総合課税説が有力で申告分離課税上で有利な3年間の損益通算、一律20%課税の享受ができないです。

海外FX事業者なので当然日本語サポートが無い場合、英語は最悪電話でもできた方が無難です。

送金&着金でドル建てor円建て口座にするか、送金&着金手法でSkrill(Moneybookers)、PayPal、NETELLER、クレジットカード、銀行送金、それぞれにかかる日数と手数料など色々対比させて自分にベストな方法を考えなければならないです。

日本国内において最大25倍のレバレッジ規制後日本ユーザーは海外FX業者へ活路を見出すが、金融庁が各海外FX事業者へ圧力をかけたお陰で優良海外FX事業者のいくつかは日本国内で法人を立ち上げてしまい、日本在住ユーザーがその優良海外FX事業者で口座開設できないところが存在します。

Ex.)DUKASCOPY・OANDA USA・Alpari UKなどです。

国内FX業者と違い大半が分別管理で信託保全は少ないです。

あまり有名どころでなければいきなりドロン、大儲けしたユーザーの口座から資金を出させないなど、詐欺まがいの業者(特にユダヤ系、ロシア系注意)も少なくないです。

Virtual Dealer Plug-inを使用してくる業者もかなりある可能性大です。

業者によってはレートフリーズなど日常茶飯事なので、ハイレバレッジを生かした高lotでのスキャルピングなどは致命傷になる可能性があります。

上記内容から海外FXユーザーは口座開設し入金する前にその業者の下調べと大抵複数の業者に分散させて、リスクヘッジする必要性がある。

以上を理解した上であれば海外FXはおすすめです。

「猫」の画像検索結果

m(。≧Д≦。)m参考文献

金融学習レポート.海外FX


スポンサード・リンク