Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*´∇`*)フィボナッチ級数の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*´∇`*)フィボナッチ級数の話


((+_+))題名:フィボナッチ級数の話

まず押しを見たい場合、そしてその押しが成功して、どれくらい上昇するか見たい場合、なので、どちらも利用できます。

フィボナッチが有効に働くのはある程度押し戻しがあったときです。

早い級数でも0.236からしか使用しないほうがよいと思います。

よってフィボナッチ級数で確認できる押し戻しがなかった場合はフィボナッチでのトレーディングは難しくなります。

しかしその反面、フィボが確認できるまで時間の猶予があるので、たっぷりと戦略を練ることができます。

フィボナッチはテスト結果によれば有効的なツールではありません。

フィボはほとんどの数値を網羅しているので、当たってる、と錯覚していると思います。

実際、回帰の平均数値はフィボ級数にありませんでした。

私はフィボナッチ信望者ですが、あくまでもモノサシとして使用することをおすすめします。

このモノサシとして使用するだけでもかなり有効的です。

時間枠は1分足からでも使用できますよ。

でも1分足だとあまり利益にならないので、実際使用するなら3~5分足以上が良いと思います。

長い時間枠になればそれだけ有効性があると思います。

実際プロもフィボナッチを利用しています。

おすすめのサイトはありません。

色々見ましたが、ほとんどが、というより、フィボナッチだけでなくその他分析方法のサイトはすべて、断片的な情報しか載せていないので、ネットで勉強すればするほど学習曲線が低下すると思います。

あくまでも辞書がわりがよいかと思います。

フィボナッチトレーディングには大きくわけて5つあります。

1.フィボだけを利用したトレーディング

2.エリオットパターンと組み合わせたトレーディング

3.その他パターンと組み合わせたトレーディング

4.様々なインジと組みあせたトレーディング

5.他のメソッドにフィボを利用したトレーディング

この5つのトレーディングがあると知っていれば、いろいろと検証しやすいと思います。

きっとどれか自分にあったトレーディングを見つけることができると思います。

(/_;)参考文献

投資学習レポート.フィボナッチ級数


スポンサード・リンク