Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(゜▽゜*)チャートと検証方法の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(゜▽゜*)チャートと検証方法の話


「猫」の画像検索結果

(^_-)題名:チャートと検証方法の話

よく検証を、動いていないチャートで行ったり・テスターの結果だけで判断したりする人が多いですが、自動売買でない限り、それでは不十分です。

 

1.複数台PCをお持ちなら、なるべく多くのPCを使って効率よくやってください。

私は最低でもモニターは4台使います。

たとえ、テスターの結果だけ見る場合でも、絶対に①、動いていないチャートではもちろん、②、チャートを動かして検証もやってください。

2.実際に動かして、リアルトレードをしているつもりでやって検証してください。

例えば、私の場合、スラストが現れたら、逆張りをすることが多いですが、実際のリアルトレードでいざスラストが現れると、たいていの人がビビッてトレードできません。

3.検証結果を半分~四分の一にする。

例えば、PFが4なら、実際は1~2程度になる可能性が高いです。

さらに、2.のように、リアルトレードでは、その人の性格が強く現れるので、自分の性格を検証結果に入れることをおすすめします。

例えば、私は先月のユロドルの一回当たりの平均獲得pipsが31.13pipsです。

検証中に100pipsで利食い、ってトレードがあったら、本当に100pipsで利食いすると思いますか。

実際にはしないですよね。

おそらく、ペイオフ重視で、もっと100pips以前に利食いをしています。

そんな、すぐには直せない多少の癖をマイナスとして検証結果に入れてください。

それでも勝てるルールなら、まず守れるはずです。

おそらく、検証結果に現実味がないからルールを守れないのだと思うので、徹底的にもう一度ルールを見直してみてください。

それと、すぐに性格とは逆行するようなルールを守ることはできません。

もし、大きな欠点があるのなら、経験で克服していくしかありません。

1.リアルよりも厳しい検証をする。

2.チャートから目を離さず、沢山経験する。

ですね。

「猫」の画像検索結果

(・_・;)参考文献

投資学習レポート.チャートと検証方法


スポンサード・リンク