Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
( ゜o゜)くりっく365の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

( ゜o゜)くりっく365の話


「猫」の画像検索結果

(゜_゜>)題名:クリック365の話

くりっく365とは、外国為替証拠金取引を公設の取引所で行う為替の取引所取引の愛称のことです。

クリック365は東京金融先物取引所が運営を行っていて、クリック365の特徴は「税制上優遇」されることです。

非クリックの外為トレードはすべて収入が多ければ多い程、より多くの税金を持っていかれることになります。

(所得と合算) 取引所為替証拠金取引(くりっく365)における利益(手数料等の必要経費を控除可能)に対する税率は所得にかかわらず一律です。

クリックなら外為トレードで損失を出しても、確定申告すれば以後3年間にわたって損失の繰越をするコトも出来るのです。

(非クリックは出来ない。)

 

「くりっく365」のデメリット

1.取扱通貨が少ない 「くりっく365」の取扱通貨は、”米ドル/円”・”ユーロ/円”・”豪ドル/円” ”NZドル/円”・”英ポンド/円”・”カナダドル/円”・”スイスフラン/円”の すべてクロス円の7ペアに限られています。

非取引所取引と比較すると、圧倒的に少ないですね。

2.取引システムが使いづらい 「くりっく365」は、2005年7月に始まったばかりなので、やはり非取引所取引より歴史が浅い分、 トレード機能的にはやや遅れており、不便を感じることもあります。

たとえば、同じ通貨ペアのポジションを複数持ったとき、決済ポジションを選べず、 古いポジションから決済されてしまいます。

3.取引できない時間帯が存在する 「くりっく365」では、朝方1時間程、取引できない時間帯が存在します (NZドルに関しては、5時間程度)。

4.手数料がやや高い 「くりっく365」の手数料は業者によってとなりますが、210円〜1050円となっています。

手数料が無料の業者はありません。

これに対し、非取引所取引の業者では手数料を無料としている業者が存在します。

5.レバレッジが低い 「くりっく365」では、レバレッジは最大約20倍程度です。

非取引所取引では最大400倍ものレバレッジを効かせられる業者もあり、それに比べると大きくレバレッジを効かせたい人には不便かもしれません。

6.GTC注文ができない GTC注文とは、発注した注文が取り消されるまで有効となる注文のことです。

「くりっく365」ではこのGTC注文ができないため(ユニマット山丸と三貴商事は、 独自システムを採用しているのでGTC注文ができる)、 約定するまで毎週注文を入れなおさなければいけません。

 

「くりっく365」のメリット

1.有利な価格で取引 「くりっく365」では、常に複数の有力金融機関(マーケットメイカー)が価格を提示しているため、 高い流動性が保たれています。

そして、その価格の中から最も有利な価格で取引できます。

複数の金融機関が提示しますので価格の信頼性・有利性は十二分です。

2.スワップポイントは一本値 スワップポイントは売り買いの区別無く、取引所が一本値で決定するため、投資家が余計なコストの負担をすることがありません。

取引所が決めるこの価格は、 極めて透明性が高いといえます。

3.税制上の優遇 「くりっく365」の課税税率は20%です。

また、「分離課税」、「損失の3年間繰越控除」、「証券先物・商品先物との損益通算」のメリットがあります。

普通のFX(非くりっく365)だと、利益にかかる税率は15〜50%(所得税5%〜40%+住民税10%所得の額が大きいほど税率は高い)です。

ちなみに、年所得が330万円超〜660万円以下の方の税率は30%です。

この場合、FXで100万円儲けたら30万円は税金で持って行かれちゃいます。

くりっく365なら20%なので、20万円で済みます。

さらにくりっく365なら、日経225先物や商品先物と損益通算ができます。

また、仮にFXで損失が出て場合も、これを翌年以後3年間にわたり繰り越せます。

例えば、普通のFX(非くりっく365)だと、昨年の損が100万円、今年の利益が100万円の場合、 今年の利益100万円に税金がかかります。

くりっく365なら損が持ち越せるので、損100万(昨年)−利益100万(今年)=0万になり、税金がかかりません。

4.手数料が安い 取引所で集中的に取引が行われることにより、取引コストが削減され、 相対取引と比較して手数料が安くなっています。

○資格要件をクリア 取引所市場に直接参加する取引業者(取引参加者)は、金融先物取引法と取引所規則に基づく厳しい資格要件をクリアしています。

○信用リスクなし 取引所が全ての取引の相手方となるため、投資家は取引の相手方としての信用(破綻)リスクを意識する必要がありません。

○顧客証拠金の保護 取扱業者は、金融先物取引法に基づいて、顧客の証拠金の全額を取引所に預託する義務があります。

万一、業者が破綻した場合でも、取引所に預託された証拠金は原則として全額投資家に返還されます。

つまり、信託保全より安全なんです。

「猫」の画像検索結果

(^0_0^)参考文献

投資学習レポート.くりっく365


スポンサード・リンク