Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*^_^*)トレーディングルールの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*^_^*)トレーディングルールの話


「猫」の画像検索結果

(・_・;)題名:トレーディングルールの話

MAのクロスやタッチで損切りだと、瞬間的な値動きについていけないです。

トレーダーによって色んな仕切り方があると思います。

私はポジションを保有しつづけないタイプですので、私ならさっさと損切りをして、もし、その値動きが戻ってきたらまたエントリーします。

私の場合、リスクリワードはだいたい3~4です。

もし100pipsもの損切りを設定すると、300~400pipsも利益を得ないと現在使っているメソッドが機能しなくなります。

でも一日に一方向にそんな行くわけないですよね。

昨日のユロドルのレンジはたしか140pipsくらいだったでしょうか。

日々のレンジってその程度しか動かないので、50pipsならまだましですが、デイトレで100pipsの損切りはかなり深すぎます。

ポジションをなるべく何回も仕切りなおしたくない、という気持ちはわかります。

私は勝率を重視すべきだとは思いますが、私が知る限り、FXで一日500pips以上稼いでいるトレーダーの多くがリスクを避け、何度もエントリーを繰り返します。

その為、みなさんが想像しているほど勝率は高くないです。

勝率8割のメソッドでも、リスク回避の為に勝率を2~3割減らしている傾向があります。

結局、最終的により多くの利益を得られればいいだけの話です。

その為に、多くのハイパフォーマーは、「損切りは早く、ひとつのポジションに依存しない。ポジションに依存してしまうと必ず退場させられる」と考えています。

エントリーはそのMAでよいと思いますが、損切りは価格帯やトレンドラインでやってみたらいかがでしょうか。

古典的ですが、いまだに使用されるものなので、信頼はあると思います。

間近の最値で損切りなら、視覚的にもわかりやすいですし、実際にサポートしている価格帯ですし、ルールも簡単です。

最値が嫌なら、その半分とかにやってみたり、もう少し大きく損切りを設定してみたりと、色々できますよ。

損切りは現在進行形で行うことが多く、エントリーや利食いのように過去に依存することがない場合が多いです。

質問者のように、MAという過去の分析で損切りをしてしまうと現実と過去とのギャップができていしまい、大損してしまうことがあります。

これは絶対にさけるべきだと思います。

私も損切りは絶対に現在の値動きで損切りをします。

私の場合は、何度もエントリーするので、あまりポジションに固執していないので、主観的なサポートに一定期間のレンジ(ATR)を加えたところに損切りをもって行きます。

そして、また価格が戻ってきて、チャンスかどうか判断して、再度エントリーを考えます。

価格がすでに自分の思惑と逆行していたら、いくら価格が戻ってきてもその方向へのエントリーは考えません。

新しい方向のエントリーを考えます。

一つの方向に固執しない、ということも重要です。

よく、損切りは、自分の許容リスクで損切りをすべき、というトレーダーもいますが、これはあまりよろしくないです。

なぜならば、そもそも許容リスクは主観的なものだからです。

相場は主観で動きません。

自分のロジックが崩壊したら、許容リスクに到達していなくてもさっさと損切りすべきです。

だから私は単純にpipsで判断したり、金額で判断する損切りは大嫌いなんです。

損切りは、何度も言いますが、現在進行形のインジやロジックを使ったほうが良いです。

過去を大きく考慮するインジだと、瞬間値動きについていけず、大損失を被る可能性があるからです。

先の価格帯もそうですし、足とフィボ(例えばエントリーしたポジションから50%や62%のところで損切りとか)を使ってもよいと思います。

実際、私が好きなプロのトレーダーに、エントリーは完全に価格に依存しているのに、利食い損切りはフィボ使っている人もいます。

ロンドンのFX・CFDトレーダーは、エントリーは別のロジックを使って、トレンドラインで損切り利食いをしています。

損切りと利食いのコツは、エントリーには使いたくないが、一応サポレジになりそうなもの、を使うと良い塩梅利食い:損切りができることが多いです。

断言しますが、100%のエントリーがないのと同じで、100%の損切りもありません。

私だってあと数pips深く損切り設定していれば、大勝ちできた、なんてよくあります。

損切りだけではないですが、自己満足、が重要です。

我々のルールなんて相場に関係ありません。

我々ができることは、いかにマイトレーディング、つまりプロセスを管理するかです。

だから、相場の動きそのものに対しては相場に身をゆだねることは大切ですが、損切り・仕掛け・利食いは自己満足で作ってください。

しかも強い強い自己満足です。

私のメソッドも、他のトレーダーから見れば、もっと改良の余地があると思います。

でも私自身が満足しているからストレスなく、自分のトレーディングを信じていけるんです。

「猫」の画像検索結果

(#^.^#)参考文献

投資学習レポート.トレーディングルール


スポンサード・リンク