Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*≧∀≦*)是川銀蔵の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*≧∀≦*)是川銀蔵の話


「犬」の画像検索結果

(^o^)題名:是川銀蔵の話

最後の相場師と言われたオトコに「是川銀蔵」がいます。

名前も如何にもゼニ儲けに関連しそうなものです。

彼は若いころから会社経営をしてて数度、倒産させた憂き目を見ます。

経営者ですから当然ながら商品相場、株式相場にも手を出します。

戦後、彼が最も力を入れ、それがため破産した銘柄があります。

その銘柄が「持田製薬」でした。

当時の持田製薬には、「OH-1」というガンに多大な効果のある薬が研究されていました。

この話に彼は乗ったわけです。

その理由は、かれの子息で最も優秀な男の子が米国の大学の教授職です。

しかし、ガンに侵されこのままでは余命が少ないです。

銀蔵父さんは、愛すべき息子のために持田製薬株を野村證券を使って買い集めます。

提灯もドンドンつき株価は天井を打とうとします。

野村の担当営業マンが銀蔵ジーさんにこう云います。

もう、売り方に回りましょう、提灯の火が消えない内に退散しましょう。

銀蔵ジーさんはこれに対して、いや、それは出来ん、息子の為にも買い進めるわ。

銀蔵だってこの相場が天井に限りなく近づいていて、終局段階にあることを深く認識です。

しかし、心は息子への愛、それのみです。

相場はいずれ崩れます、それも「瓦落」相場、阿鼻叫喚な地獄世界へと一気に突き進みます。

息子さんも亡くなり、それを追うかのように父銀蔵ジーさんも鬼籍入りしました。

かれの財産目録が公表されました。

億単位の債務を抱えてましたが予想よりは少ない額でした。

長々と書いてきましたが、人は何のために相場を張るのでしょうか。

儲けたオカネをどのように使うのでしょうか。

死ぬまで無目的に相場業したって業者を潤わせ、相場の活性剤的役割を演じます。

しかし、何か新しい価値創造をしたわけでも無く、具体的に周囲を明るく希望に満ちたしたものに転換したわけでもなく 外から冷めた眼でみれば、ゼニの抜き合いをしてるだけです。

たかだか100年もない限られた人生を掛けるだけの価値は無いんじゃないでしょうか。

これだけで終わったとしたら、余りに虚しい人生です。

「犬」の画像検索結果

(^0_0^)参考文献

投資学習レポート.是川銀蔵


スポンサード・リンク