Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(。^。^。)デフレとインフレの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(。^。^。)デフレとインフレの話


「猫」の画像検索結果

(・_・;)題名:デフレとインフレの話

インフレやデフレの主因は名目賃金の推移による。

賃金が減ればその分消費が減少しデフレになるし、賃金が増えれば、その分消費が上昇しインフレになる。

これは労働者が消費の主体だからである。

金融資産の増大との相関よりも賃金の増大の方がはるかに相関がある。

名目GDPとマネーストックや家計金融資産の増大の差と名目GDPの推移と賃金の推移の通りです。

デフレ下の社会では、既に貯蓄しているものが有利となる一方で、生産能力ほどの需要が期待できない状態が継続するためデフレギャップ(生産余力)が発生します。

諸企業は現状を打開するためにさらに賃金を下げたり、守りの経営に突入し自己資本比率を高めます。

研究開発も売れる見込みが低下するため先細りになります。

インフレ下の社会と比較すると生産性の拡大が減少する(ただし実質経済成長は遂げているように遅めはするが破滅的というわけではない) 個別企業毎の最適行動である一方で合成の誤謬が発生します。

賃金の下方硬直性が見られない日本で発生した現象であり、今後も賃金上昇に伴うインフレは見込めない(と予想) 日本は今後も賃金サイドではデフレ圧力となるので、それに基づいたFX投機を行うべきです。

「猫」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

投資学習レポート.デフレとインフレ


スポンサード・リンク