Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(^〇^)エリオット波動とカウント方法の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(^〇^)エリオット波動とカウント方法の話


「猫」の画像検索結果

( ^)o(^ )題名:エリオット波動とカウント方法の話

推進=トレンド・調整=修正です。

修正3波の中にも5波が存在しています。

よって、大きく見れば修正3波に見えても、トレンド5波と修正3波とトレンド5波の集合体の可能性もあります。

それと、エリオットでもっとも重要なのが、トレンド5波より、修正波です。

修正波はいくつものパターンがあり、単純な3波形成だけではありません。

この修正波を理解することがエリオットを極めることになります。

トレンドは、綺麗に5波を描くとは限りません。

5波が延長したり、3波を超えない5波もあります。

つまり数え方がかわるんです。

だから4波で転換しているようで、正しいカウントをしていれば、従来の5波より短くなった5波も見れるようになります。

30分足では確認できない波動も1分足だと確認できます。

ただし、エリオットは、あまり短い時間枠では使用しにくいです。

短い時間枠ほど、修正波を極めることを推奨します。

3波は、あくまでも3波と思われるスイングの開始時と終了時のバーの終値が1もしくは5波より短くてはいきけない、ってことがエリオットの基本です。

つまり、1、3、5の波動の中で一番短くなければ3波とカウントしてよいです。

よって5波だけとは限りません。

例えば、1波が一番長い場合、5波と思われる波動が3波と思われる波動より長かったら、それは3波ではなく、5波と思われる波動も含めてが3波となります。

1波と思われる波動が3波と思われる波動より短く、5波と思われる波動が3波より長くても、3波は一番短くないので、5波と思われる波動が5波の可能性が高くなります。

「猫」の画像検索結果

( *´艸`)参考文献

投資学習レポート.エリオット波動とカウント方法


スポンサード・リンク