Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(#^.^#)フィボナッチとエリオット波動の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(#^.^#)フィボナッチとエリオット波動の話


「猫」の画像検索結果

(^ω^)題名:フィボナッチとエリオット波動の話

フィボを使う場合、そのままではやめたほうが良いと思います。

本来は関係ないですが、エリオットとの組み合わせが妥当だと思います。

トレードにおけるフィボを詳しく研究された方がいらっしゃいますが、そのまま使用したら何の優位性もなかったそうです。

そもそも、フィボ級数はほとんどといっていいほど、数字を網羅しているので、どれかは当るのは当たり前です。

エリオットだけではなく、他の分析とも組み合わせることができますが、あくまでも主にすべきはエリオットや他の分析であり、フィボはそのサポレジに使用すべきだと思います。

私は、以前フィボを使っていましたが、どの時間枠でもかまいません。

もし使うなら、時間枠で決めるのではなく、自分が実際にやっているスタイルに合わせてください。

例えば、デイトレなら、15・30分で使用して+短期の指針の為に1時間チャートでも使う、とか、デイトレ+スイングの指針として、4時間チャートでも使うとかです。

使おうと思えば、1分でも使えます。

というより私は1分で使用していました。

あと、この考え方は人それぞれですが、一度ブレイクされたり、ブレイクされなかったが、サポートする以前に反転したサポートしたのか微妙な場合、その級数にヒットすることなく、時間があまりにも経ちすぎた場合は、もう機能しなくなったと考えてよいと思います。

「猫」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

投資学習レポート.フィボナッチとエリオット波動


スポンサード・リンク