Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
( ̄∇ ̄*)ゞ業績と銘柄の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

( ̄∇ ̄*)ゞ業績と銘柄の話


「犬」の画像検索結果

(((^_^;)題名: 業績と銘柄の話

投資経験の無い人は、今の日経平均が高いから、今の高い株価だけ見て、好業績銘柄はホールドし続けてもいいのか錯覚してしまいます。

2000年も日経平均2万円で、何でも持っていれば良かったです。

そういう人ばかりで、某證券は有頂天になって、1兆円の日本株ファンドを、そこで作って、そこからファンドはあっという間に半分まで暴落しました。

当時、某証券で最も優秀なファンドマネージャーが、業績を徹底的に分析して組んだポートフォリオが、本当に一瞬で半分以下になりました。

2003年には日本を代表する企業がみんな暴落しています。

ドコモ:768万円→20万円

ファーストリテイリング:56000円→2270円

任天堂:73200円→10400円

ソニー:33900円→3960円

トヨタ:8300円→2700円

村田:25610円→4430円

東レ:1128円→350円

東芝:1280円→292円

伊藤忠:1590円→380円

新日鉄:960円→250円

07年もそうなんです。

03年から、何でも持っていれば儲かっていたし、下がったら買いだっていれば、大儲けでした。

だから、その成功体験で、暴落が始まったのに、逃げ遅れて、退場になった専業の数なんて山のようです。

当時、本屋に行くと「ニートのぼくが株で○億円」とか、「サラリーマンが株で○億」とか本が山積みで、当時、大膨張、株之助、ウリボウ、子羊とか億トレーダーがこぞって株の本を出していたけど、そっから1−2年で全員退場です。

「犬」の画像検索結果

(“⌒∇⌒”)参考文献

投資学習レポート.業績と銘柄の話


スポンサード・リンク