Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(T_T)アベノミクスと年金の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(T_T)アベノミクスと年金の話


。の画像(プリ画像)

((o( ̄ー ̄)o))題名:アベノミクスと年金の話

アベノミクスはとうとう末期症状です。

カモにされるGPIF(日本年金)です。(ガーディアン紙)

アベノミクスとは最初から幻想であり、世界の投資家を煙に巻きながら、ウォール街に日本の国民の富を貢がせるために考え出された悪性ウィルスです。

化けの皮が剥がされて末期症状に至りました。

私たちの年金を、まるで自分たちのポケットマネーのように株式市場に突っ込み、日経平均を吊り上げているGPIFほど、その投資パターンが誰にでも分かるお人好しのご本尊はない。

日経平均を高値で維持し続け、国民を騙しつつ憲法改正に突き進もうとしている安倍晋三が、株式市場が下落するごとにGPIFの職員を呼びつけて、年金をどんどん突っ込んで日経平均を上げろ、と怒鳴りつけている様子が内部から漏れ伝わってしまうくらいだから、欧米の投機筋であれば、とっくの昔にGPIFが安倍晋三の意向で恣意的運用を余儀なくされていることを知っています。

短期間(数日)で株価を先物で暴落させれば、狼狽した安倍晋三が、再びありったけ突っ込めとGPIFに檄を飛ばすことが分かっています。

ヘッジファンドは、思い切りレバレッジを利かせて売買を行えば確実に巨利を得ることができます。

欧米勢にとって、もはや“濡れ手に粟”の市場がGPIF主導の東証なのです。

悩ましい内容です。

可愛い❤️の画像(プリ画像)

(。´Д⊂)参考文献

投資学習レポート.アベノミクスと年金


スポンサード・リンク