Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(-"-)出来高と株価の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(-“-)出来高と株価の話


「犬」の画像検索結果

(-_-;)題名:出来高と株価の話

出来高は、株価の動きを予測する上で、多くの投資家に参照されてきました。

多くの先行研究などにおいて、出来高の上昇が株価変動の持続性の上昇(株価モメンタムの強化)を予測すると報告されています。

出来高の上昇が株価変動の持続性の上昇を予測する要因として、新規ファンダメンタル情報の株価への折り込みの遅延が有力視されてきました。

例えば、出来高の上昇は一部の投資家の私的情報に則った投機的売買の存在を示唆していると議論しています。

これら私的情報はいずれは公開情報となるため、結果的に、株価が徐々に新規情報を折り込む形で株価変動の持続性が上昇すると解釈しています。

一方で、例えば需給要因などによる、新規ファンダメンタル情報を伴わない株価の動きは、これら出来高上昇と株価変動の持続性の関係に寄与しないか、むしろ弱める(出来高上昇→株価変動の持続性の低下を引き起こす)ものとして捉えられています。

出来高を伴って株価が変化しても、ファンダメンタル価値の変化がないため、株価はもとの水準に戻る可能性が高いからであります。

しかしながら、ファンダメンタル情報を伴わないで株価が変動したとしても、即もとの水準に戻るとは限らないです。

むしろ、投資家には株価トレンド追随傾向があるため、ファンダメンタル情報を伴わなくても、短中期的には比較的高い株価変動の持続性を示すことが十分ありえます。

そのため、ファンダメンタル価値の変化を伴わなくても、株価トレンド追随行為によって、出来高上昇と株価変動の持続性の関係が生じる可能性もあるのではないかと考えられます。

「犬」の画像検索結果

(-“-)参考文献

投資学習レポート.出来高と株価


スポンサード・リンク