Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(´;ω;`)トレンドとMAの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(´;ω;`)トレンドとMAの話


(´Д` )題名:トレンドとMAの話

色々なテクニカルツールがあるので、何でもかんでも表示してる人がいますが、そもそもトレンドとは、上にいくのか、下に行くのか、軟調に推移かの3点です。

直近のトレンドの主な検討方法としては、1~5M間の足に、 状況に応じ4~9Dの比較的短期のMAを表示させて、トレンドを見ていきながらエントリーを入れるという方法です。

ロスカットは、5p以内(自分の判断で切る)ですので、足が乗ったからといってMAより何pも上でのエントリーは戻しで直ぐにロスカットにかかります。

エントリー位置はMA線に出来るだけ近い位置でタイミングを見て入れます。

つまり、上向き(MAの上昇で足がMAより上に位置する)

下向き(MAの下昇で足がMAより下に位置する)

前者が上昇トレンド、後者が下降トレンドとなり、

エントリーのポイントは足の位置が変わった時の確実視出来たときでMAにごく近い位置というわけです。

慣れてきたら、MAを2本(5Dと12Dとか)入れて、クロスポイントを考慮してのエントリーを行ないます。

上記の確実視の精度を上げるという意味で、慣れてくるとその足の動きや現値の位置を他のテクニカルと並行してみていくことでエントリーの精度の確率を上げることができていると考えます。

o(^▽^)o参考文献

投資学習レポート.トレンドとMA


スポンサード・リンク