Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
("⌒∇⌒")一般投資家と証券会社の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(“⌒∇⌒”)一般投資家と証券会社の話


「猫」の画像検索結果

( ☆∀☆)題名:一般投資家と証券会社の話

一般投資家が本当に重要なのはトレードのテクニック、システム、そして一連の行動による結果を長期分配することなんです。

しかし、心理的に最も重要なのは、現在のポジションが有効かどうかなんです。

現在のポジションは、どんな統計的正当性も超えて、非常に重要なんです。

投資の心理学は、なんといっても1番重要な要素だと思います。

2番めがリスク管理です。

そして1番重要性が低いのが、どこで買い/どこで売るか、という判断なのです。

証券会社のアナリストは株式市場の動向を調べ、水晶球を見つめ、細かな数字の計算をしたり、スポンサー付きの旅に出る以前に基本的な責務(顧客を儲けさせる仕事)を果たすべきです。

債券価格が上がるときには株も上がります。

このとき債権が株よりも高いリターンをもたらしていない限り、債券がポートフォリオ全体のパフォーマンスに貢献するのは、債券が上昇し、株が下落しているような例外的な期間だけです。

日本株はバブル後、目覚しい損失を投資家にもたらしています。

こうした過去の失敗もあって、日本株式市場は長期投資しづらい市場となっています。

証券会社は理解しているでしょうか。

為替はゼロサム・ゲームではない。

自分が勝ったら、誰かが負けているのではないかなどの詮索はそれこそ僭越です。

勝たなければ次はないです。

「猫」の画像検索結果

p(^^)q参考文献

投資学習レポート.一般投資家と証券会社


スポンサード・リンク