Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*´∀`)エリオット波動とカウントの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*´∀`)エリオット波動とカウントの話


「猫」の画像検索結果

(^0_0^)題名:エリオット波動とカウントの話

波の形には、あるパターンが表れて、いつエネルギーが爆発して、暴落、暴騰が起きるのかという事を、統計学的に表したのがエリオット波動理論です。

欧米ではかなり、重視された手法ですが、日本でエリオット波動理論を使う投資家はほとんどいません。

 

●エリオット波動の第3波を使って大きく利益を伸ばす方法

エリオット波動理論によると、波の形がある一定になったとき、急上昇する可能性がぐっと高くなります。

その高確率で 尚且つ値幅を大きく取れる波形を知る事で、楽に利益を伸ばす事ができます。

総括して思うに、行動パターンをシンプルに克つ、自己ルールの確立と徹底だと思いました。

シンプルと言えば講義の中で言われていた。

 

●エリオット波動理論の威力

タイム・ターゲット

エリオット波動理論によると、例えば DAILY CHART において、相場の一時的な底や天井から数えてフィポナッチ数字番目の日に次の天井や底を迎えることがある、とされています。

以下に、その具体例を示しましょう。

* フィボナッチ数列:1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,….

それにしてもフィボナッチ数列、そしてそこから算出される黄金分割比、なんか神秘的な数字ですね。

日常生活で我々が目にする物から宇宙空間で見られる事象まで、いわゆる黄金分割比に関するおもしろい話はいろいろな本に書かれています。

波のパターンは波動理論の最も重要な骨子となっており、5つの上昇波動(1~5)とその波全体を修正する3つの下落波動(A-B-C)で構成されています。

また上昇波1~5は、次のより規模の大きい波(1)を構成し、修正波A~Cも同様に(2)波を構成する。

つまり、波は一定のパターンを無限に繰り返し成長していくという「自然の法則に」基づく。

 

●波の規模

基本的に波は時間によって規模が区別され、波の記号表示も異なる。

波の規模:時間

上昇5波動:下落3波動

グランドスーパーサイクル:100年以上

[Ⅰ]~[Ⅴ]:[A]~[C]

スーパーサイクル:50年

(Ⅰ)~(Ⅴ):(A)~(C)

サイクル:10年

Ⅰ ~ Ⅴ:A ~ C

プライマリー:3~5年

(1)~ (5):(a) ~ ( c)

インターミディエット:30週~50週

1 ~ 5:a ~ c

マイナー:10週

1~5:a ~ c

ミニュット:3~5週

ⅰ ~ ⅴ

 

●フィボナッチ

フィボナッチ級数、比率が時間、および、価格目標値を求める上でも使用される。

相場の修正や次の上昇幅を計測する上でフィボナッチ比率が適用される。

フィボナッチ比率とは黄金分割でもあるが以下の通り。

メジャー 0.382  0.5    0.618  1.618  2.618

マイナー 0.145  0.236  2.236  4.236

計測は第1波動の61.8%調整が第2波動。

第1波動の1.618倍が第3波動。

第3波動の0.618調整が第4波動の目標値といったように使用される。

日本の古来の罫線では半値押しや3分1、3分の2押しといった水準が経験則で使われているが、同様に、0.618押し(戻り)、0.382押し(戻り)、として使われます。

 

●上昇トレンドにおける修正波動のパターン

修正波動の基本パターンは2つのタイプが存在する。

フラット ↑  ジグザグ↑

※その他、トライアングル系、レクタングル(4角形)等の特殊な修正波がある

 

●修正波動の原則

・A波は3波動(a-b-c)か5波動(1-2-3-4-5 )で構成される。

・A波が3波動構成ならフラットで下げは緩やか。

・A波が5波動構成ならジグザグと呼ばれ、急落気味で下値も深い。

・B波動は常に3波動構成。

・フラットのB波動は高値(下落トレンドでは安値)を更新することもある(イレギュラーB)

 

●波動の特徴

第1波動

基本的に長きに亘る弱気相場が終了して、その立上りの波動であるため、スタートは急騰気味(踏み上げ相場)になるも長続きしない。

また第1波の値幅はその後の波動規模に関わりを持つ原子核的な波動とも言える。

第2波動

第1波動(上昇)と第2波動(下落)の1サイクルで準備段階的な構成要素をもつ。

2波は第1波動の上昇を全て修正する動きも見られるが、第1波動のスタート地点は下回らない。

しばしば、ダブルボトムや逆三尊パターンの完成を見る。

第3波動

最も勢いのある波動で窓を開けて上昇していくケースが多い。

出来高もこの過程で最大となる。

また第3波動は第1波動、第5波動の中で値幅が最小であってはならない。

波は延長されやすい。

第4波動

トライアングル等の複雑なフォーメーションを形成する。

比較的利益を出しやすい第3波動が終了して、慢心な投資家が第4波動で更に玉を増やすため、値幅の大きい乱高下を演ずる。

ディーリングは非常に困難。

第4波動のボトムは第1波動の頂点と重ならない。(ただし商品相場は例外)

第5波動

踏み上げ相場の様相を呈し、三空を生じる事もしばしばある。

また、第5波動で生じる窓はすぐに埋められてしまう。

出来高は価格上昇に追随しなくなり、オシレーターも逆行が生じる。

商品市場ではエクステンション(波の延長)がしばしば起こる。

またダイアグナルウェッジ(斜行三角形)が第5波で生じやすい。

 

●黄金分割を用いた波の測定法

第1波動

第1波動の値幅は全ての上昇波の基本となる。

しばしば前修正波bの天井まで上昇し、逆ヘッドアンドショルダーのネックラインを形成する場合がある。

その場合目標値はbがポイントとなる。

あるいは、前修正波動全体の値幅の0.382~0.618が目標値となる。

この時点では大部分の投資家は依然弱気のまま。

第2波動

第1波動の0.382、0.5、0.618押しが基本。

しばしば、第1波動の全値を修正することもあるが、第1波動のスタート地点を下回ることはない。

第3波動

第1波動の1.618倍、2.618倍、3倍を第2波の終了点(押し目)、あるいは第1波動の天井から計測する。

第4波動

パターン(トライアングル等)、値幅とも非常に計測困難。通常第1波動の全値か1.618倍。あるいは第3波動の0.382、0.5、0.618倍。

また、第4波動のボトムは第1波動の天井と重なってはいけないという原則がある。

第5波動

第1波動の0.382、0.5、0.618、1倍、波が延長される場合は第3波動と同様の計測法。

また、底値から第5波動の天井までは第1波動の3倍、7倍が目安となることもある。

A波動

前上昇幅の0.382~0.618押し、あるいは第1波動0.382、0.5、0.618、1倍が目安。

また、第4波動のボトム近辺が下値支持線として抵抗を受けやすい。

B波動

A波動の0.382~0.618戻しが基準。

B波動の上昇はまだ天井を打っていないという市場心理が働き、天井近辺(若干更新することもある)まで急騰することもある。

C波動

A波動の0.382、0.5、0.618、及び対等か1.618倍をBの天井から下げる。

またCの目標値は第1波スタートと地点から第5波天井までの0.382、0.5、0.618押しが目安となる。

また第4波動のボトムも支持線として働く。

以上、価格の目標はそれぞれの波の特性によって何種類も目標値が算出されるが、重要なことはそれぞれの目標値が輻輳してくるところを注意しておくべきだろう。

例えば、C波動の目標値を算出する上で、Aの0.618倍をBの天井から取った地点が第4波動のボトムと合致する。

さらに全体(底から天井まで)の上昇幅の0.5押し地点等と輻輳してくれば、相場はその目標値で止まる可能性が高くなる。

 

●トレーディングの基本

エリオット理論を使用した簡単なトレーディングの基本。

波動カウントを行う場合は最も判りやすい第3波動を見つける。

トレードの参入は第1波動、第2波動を確認した後、第3波動が第1波動の高値を抜いてきたときに参入するのが安全な戦略。

仮に第3波動でギャップ(窓)を生じれば、自信を持ってトレンドに追随する。

三角保合いが形成されれば、第4波動あるいはBウェーブの可能性が高く、保合いの放れにつき、第5波動あるいはCウェーブを取りに行くことが基本。

第3波動で延長が見られれば、第4波動の保合いは乱高下の様相を呈するのでトレードは一旦休むこと。

Bウェーブには注意を要する。

しばしば高値を更新し、トレンドが再開されたと騙されやすい。

騙しのBウェーブともいわれ、一文抜け天井となりやすい。

「猫」の画像検索結果

(^◇^)参考文献

投資学習レポート.エリオット波動とカウント


スポンサード・リンク