Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(*^.^*)移動平均の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(*^.^*)移動平均の話


「猫」の画像検索結果

(・.・;)題名:移動平均の話

移動平均は、テクニカル分析の基本概念としては重要なもので、この手法からの応用が数多く見られます。

また、一般的に用いられる単純移動平均線(Simple Moving Average)のほかに、加重移動平均線(Weighted Moving Average)や指数平滑移動平均線(ExponentialMoving Average)があります。

通常、短期と中期もしくは長期の2~3本で構成します。

期間の設定が短いと売買のシグナルは早く出ますが、ダマシ(ブレ)が多くなります。

また期間が長いとダマシは少なくなるかわりに売買のシグナルが出るのが遅くなります。

算出方法

日足の場合の算出方法は、一定日数の終値を合計してその日数で割ります。週(月)足なら、その週(月)の数で割ります。

SMA=P1+P2+P3+……+Pn/n

n:算出期間

P:価格(終値をとるのが一般的ですが、中値や高値・安値・終値の平均値を利用する場合もあります)

移動平均のポイント

移動平均は期間が非常に重要です。

基本的な売買手法はゴールデン・クロスとデッド・クロスですが、期間の取り方のよってパフォーマンスが変わります。

最適な期間は投資市場(銘柄)によりますが、一般的に市場が一定のトレンドを形成していれば中長期線が有効で、値動きがもち合い圏にある場合は価格変化に敏感な短期線が有効と言われます。

中長期線でトレンドを把握し、短期線で売買タイミングを図るという両者の併用が理想的な使用方法です。

「猫」の画像検索結果

(^_-)参考文献

投資学習レポート.移動平均


スポンサード・リンク