Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(^-^)売買法の話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(^-^)売買法の話


「猫」の画像検索結果

(/ー ̄;)題名:売買法の話

全体の形を見てトレンドが出てるなって判断します。

単純に日足や4時間足なんかでみて上がってきてるとか下がってきてるとかその程度で判断する。

とりあえず目立つ安値と高値にフィボナッチをあててみます。

同じくトレンドラインも引いてみます。

フィボの23.6(トレンドが強そうなとき)か、38.2、50などのポイントとトレンドラインで判断した跳ね返りや戻りポイントをみて、さらにその近くに上手く損切りが置けそうな場所があれば、そこでようやくエントリーします。

自分の中で勝手に押し目と決めてエントリーするだけです。

ダメなら損切りするだけです。

エントリー時は本当にあまり勝てると思ってないです。

何度もエントリーしてたらそのうち勝手に利がのるものが出てくるってだけです。

ただし損切りは徹底します。

損切りにかからなかったらとにかく放置、中途半端に利確しません。

一番重要なのはまず損切りを上手くおける場所があるかどうかを見ます。

全てはそこからです。

まずそれをしないとトレード自体を組み立てられないです。

チャートの見かたは結局主観的になってしまいます。

何度も繰り返しラインやフィボを使って実に付けるしかないです。

しかし、大丈夫です。

あれもこれもってやるわけじゃなく一つのテクニカルを徹底して使い込むだけです。

毎日同じものだけ使うのですから必ず上達します。

エントリーポイントも次第にコツがわかってきます。

信用できないでしょう。

間違いなくわかってきます。

最初のうちはポジポジ病になってしまうかもしれません。

まぁそれもいいかと思います。

そのうちいいポイントを「待つ」事も上手くなってきます。

「猫」の画像検索結果

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ参考文献

投資学習レポート.売買法


スポンサード・リンク