Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(* ̄m ̄)トレンドとレンジの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(* ̄m ̄)トレンドとレンジの話


「neko」の画像検索結果

(σ≧▽≦)σ題名:トレンドとレンジの話

数学的に定義づけされたトレンドという現象が起こる前後に存在する共通の何dでしょうか。

トレンドという現象が起こる「前」は、レンジという現象です。

トレンドという現象が起こる「後」も、レンジという現象です。

ということはレンジという現象は何か、って考えていくことになります。

レンジは、それぞれの時間枠の人たちが、自分がとったポジションにとっての
抵抗線を攻めて、突破しようとする行動の失敗です。

攻めては攻められを繰り返すと(=時間の経過)とともに当然、値幅が縮小する。

ボラティリティの低下です。

どちらかに攻められっぱなしなら、それはトレンドでしょう。

チャートは、この行動を視覚的にわかりやすく表現したものだと思います。

ヒゲってアイデアは、すばらしいと思う
ヒゲの出現した足より小さな時間足では、反対のトレンドが形成され出した
ことを表しています。

その小さな時間足では、V字になります。

その反対のトレンドが、大きな時間足のトレンドのボラティリティ(変動率)を
低下させます。

「陰線連続した後の陽線で買い」って手法も、それより小さな時間足で見れば
レンジ形成後の高値抵抗線のブレイクアウト手法ともいえます。

それは、数学的にキッチリとアプローチする人からすれば、ボラティリティ
(変動率)が縮小した後の、急拡大に合わせて順張りする手法ともいえます。

利益とは値幅(ボラティリティ=変動率)のことなので、結局は、変動率の傾向を調べていくことに行き着くと思います。

数学の知識・データを扱う技術がない人は、チャートが便利でしょう。

「neko」の画像検索結果

( ̄□ ̄;)!!参考文献

投資学習レポート.トレンドとレンジ


スポンサード・リンク