Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/augace81/augking-lab.info/public_html/investment/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
(´∀`)エントリーとポイントの話 | 投資.AUGKING-LAB.INFO
スポンサード・リンク

(´∀`)エントリーとポイントの話


「ねこ」の画像検索結果

( `ー´)ノ題名:エントリーとポイントの話

エントリーの場所が正しければ5pips前後は抜けます。

5pips浮いたところでは既にイーブン前後に逆指値は置いてあります。

たしかに5pips前にイーブン付近に置くと無駄切りで刈られることが多いです。

悔しい思いすること多いです。

損切りは急なUターンで怪我しないように置くので、エントリーの場所さえ正しくて突発事がないかぎり別に置かなくてもいいのかなと思ったりもします。

5pips付近で利確を迷うとイーブンに落ちてくること多いので5pipsを基準にはしてます。

最近は時間を長く取ってお金を捨てるつもりでやる方法を試してます。

15分足でトレンド方向に長いヒゲが出た時です。

いったん反対に向きますが昨日今日は必ずひげを埋めに行く動きをするのでそこを狙いました。

毎日傾向がかわるのでトレードは柔軟性を保つことが必要です。

利確や損切りもその時の空気を感覚でつかめるように毎日試行錯誤してますが難しいですね。

よってとりあえず5pips前後でも積める場所を探すのが最も重要です。

正しくても利確のタイミングや、逆指置くか置かないかでも分かれますが。

一概に理論を統一できないですが、まず5pips前後確実に動く場所はかならずあります。

基本の基本に立ち返ることでしょうか。

感覚がつかめきれないなら、押し目買い戻り売りの基本に立ちかえって線を引きます。

当然ダマシはあるのであとは感覚ですが。

まずトレードせずにチャートを見てください。

5pipsと小さい幅を取るだけなので1分足を見ます。

1分足の小さなスパンの上げトレンド下げトレンドを確認します。

トレンドが変わって最初の押し目や戻り売りの場所を探します。

1発目のそれはおおむね素直に動いてくれます。

1発目乗り遅れて2発目もまずまず。3発目は転換してしっぺ返し。

こんな感覚で眺めて慣れるようにします。

慣れたらあとは自分に合った馴染みのポイントだけでエントリーすればほぼ負けないのでは。

やみくもにエントリーするのは博打になってしまいます。

自分の馴染みのポイントを作りましょうか。

ちょっと伝わりにくい文ですが感覚とはそういった慣れから作るものだと思います。

「あ、この形は見たことある。この場合は上だな?」とかピピっとくるようになれば慣れてきた証拠です。

そういう馴染みの場所でのみエントリするのです(成功率は個人差ですが)。

FXはお金をすてるつもりでやれば楽です。

死守するつもりでやると負けます。

「ねこ」の画像検索結果

“(-“”-)”参考文献

投資学習レポート.エントリーとポイント


スポンサード・リンク